自民党参院議員の林芳正氏。

第2次・第3次安倍内閣で農水相を務め、
次期文科相への就任が内定していると
報道されています。

林氏とはどんな人物なのでしょうか?




Sponsored Links

名門すぎる家柄

林氏は生まれは東京ながら
育ちは山口県下関市。

林家は江戸時代創業の醤油製造業・
大津屋のほかサンデン交通(バス)、
山口合同ガスなどの事業を展開する
地元の名士。

高祖父や祖父、父も衆議院議員であり、
母方の祖父は宇部興産の初代社長
という血統の良さがてんこ盛り状態。

間違いないサラブレッド、
お坊ちゃまですね。

県内屈指の進学校・下関西高校から
東京大学法学部に進学。

卒業後は三井物産へ。

まさにエリート街道まっしぐらですね。

その後は実家のサンデン交通、
山口合同ガスなどに勤務。

1991年にはハーバード大学に留学。

1994年からは父・義郎氏の秘書を
務めています。

その翌年の参院選に山口県選挙区より
出馬して初当選。

現在まで当選4回。

福田康夫改造内閣では防衛大臣、
麻生内閣では経済財政政策担当大臣
安倍内閣では農林水産大臣を二度
務めています。

あらゆる分野の政策通とのことで
要職を歴任していることからも
それが窺えますね。

17080203

家族について

林氏には妻と娘さんが一人
いらっしゃいます。

奥さんの裕子さんは東大医学部卒。

ご実家が京都で先祖代々医師の家系
というこれまた由緒正しいお家柄。

ちなみに東大の同級生で現在も
親友なのが林氏の妹の玲子さん
なのだそうです。

東大卒業後はIBMに勤務。

その後、マサチューセッツ工科大学へ
留学したほか、東大大学院で工学博士
の学位を取得。

現在は山口大学大学院の准教授を
務めていらっしゃいます。

奥さんも凄まじいまでの才女ですね。

安定感のある政治家

政策通なだけでなく非常に温厚な
人柄が評判の林氏。

加計学園問題で明るみに出た岩盤規制の
問題などまさに火中の栗のような
文部科学大臣のポスト。

林氏のような安定感のある議員が
選ばれたのも納得ですね。

大臣経験も豊富ですし、国会答弁で
揚げ足をとられることもないでしょう。

マスコミによる偏向報道で
急落させられた安倍内閣の信頼を
ぜひ取り戻してもらたいですね。

林氏による文科省の舵取りに
期待しましょう。

スポンサードリンク