元サッカー日本代表の柳本啓成さんと
タレントの岡元あつこさんが離婚した
とのこと。

2005年に結婚していた二人。

二人に一体なにがあったのでしょうか?




Sponsored Links

すれ違いが原因か?

知り合いの紹介で知り合って
友人関係になった二人。

その後、8年の友人関係を経て
2005年にゴールインしました。

長い間、友達の関係だったのが
恋愛関係に発展したんですね。

離婚前に柳本さんは雑誌の
インタビューで岡元さんは仕事で
東京と大阪を行ったり来たりの
生活だと語っています。

舞台の仕事では1~2ヶ月も
家を空けることがあるのだとか。

お互いに仕事で多忙になってすれ違いに
なってしまったことが離婚の原因
でしょうか。

スポーツ栄養アドバイザーの資格も
取って柳本さんのサッカースクールを
サポートしていたという岡元さん。

二人の間にお子さんは
いらっしゃらないとのこと。

あるいは、お互い40歳を過ぎて、
それぞれの新たなステージを求めた
結果なのかもしれませんね。

サッカースクールは大盛況

現役を引退後、柳本さんは
奈良市宝来町に「YANAGI FIELD」
というサッカースクールを開校。

会社を設立し、従業員も8人抱えて
運営されているのだそうです。

この少子化の時代にスクールには
幼稚園児から中学生まで300人が
通っているそうですので、
かなり盛況ですね。

設立から9年、従業員も8人抱えて
経営できるくらいですから、
成功しているといっていいでしょう。

スクールからはガンバ大阪や
セレッソ大阪のユースチームに
選手を送り出しているのだそうです。

こうした実績も呼び水になって
人気スクールになっているのかも
しれませんね。

17071102

現役時代について

柳本さんは大阪府東大阪市で生まれ、
その後は奈良県で育ちます。

奈良育英高校からマツダSC
(現・サンフレッチェ広島)に入団。

Jリーグ発足とともにサンフレッチェ広島
とプロ契約を交わします。

サンフレッチェでは最初に右サイド
バックで活躍しますが、その後は
センターバックにコンバート。

当時のJリーグの第1ステージである
サントリーシリーズの制覇に
貢献します。

まさに柳本さんもチームも
絶頂期だったといって
いいでしょう。

日本代表にも招集され、30試合に出場し
レギュラーにも定着したものの、
度重なるケガにより代表を離脱。

サンフレッチェも成績の低迷や
経営の不振など苦しい時期を
迎えました。

起用法などにも不満を持っていた
柳本さんは1999年にガンバ大阪へ移籍。

2003年からはセレッソ大阪で
プレーしますが、2006年に引退。

本人は現役時代を振り返って
「幸せなサッカー人生」
と述べています。

引退後は世界中を旅したそうですが、
そんな中で自らスクールを立ち上げる
ことを思い立ったのだそうです。

現在44歳。

サッカースクールも順調でまだまだ
これからですね。

今後の柳本さんのご活躍を
期待したいですね。

スポンサードリンク