2008年2月、東京都で一緒にいた
児童6人が病院に搬送されるという
事件が起こりました。

いずれも頭痛やめまい、吐き気などの
症状を訴えていたとのこと。

命に別状はなかったものの、
子供たちを襲ったこの症状の
原因は何だったのでしょうか?

じつは6人とも一つの水筒で
飲み物を回し飲みしていました。

保健所がこの水筒を調べると
意外な物質が検出されました。




Sponsored Links

原因について

検出されたのは高濃度の銅。

この水筒の内側に施されていた
金属でした。

じつは水筒の中身は粉末を溶かして
作ったスポーツドリンクで、これが
強い酸性の液体であったために水筒の
内張りの銅が溶け出していたのです。

水筒によっては保温効果のために
内側を銅製にしているものが
あります。

銅は人間にとって血液中の
ヘモグロビンを作り出すのに
必須の物質ですが、過剰に
摂取すると中毒を起こします。

中毒になると嘔吐や下痢、胃腸炎
といった症状が引き起こされます。

また赤血球が破壊されて溶血性貧血を
起こすこともあります。

この子供たちも銅を含んだ
スポーツドリンクを飲んだことで
急性の銅中毒を起こして
しまったんですね。

場合によっては銅中毒は死に至る
こともあるので要注意です。

17062701

ここに注意!

2010年3月には岡山県でアルミ製の
やかんで作った乳酸菌飲料を飲んだ
保育園児15人が嘔吐するという
事件がありました。

この事件でも原因は銅にあった
とされています。

やかんはアルミニウムだったのですが
長く使用している間に水道水に含まれて
いた銅が蓄積され、それが溶け出した
とみられています。

銅製の容器、食器類じゃなくても
こうした中毒が起こりうるというのが
驚きですね。

特に前述のスポーツドリンク、
乳酸菌飲料、果汁飲料など、
酸性度が高い飲み物は要注意。

こうした飲み物を入れ続けると
水筒に穴が開いてしまうのだとか。

もう科学の実験レベルですね。

また、牛乳などの乳製品も
よくないとのこと。

ということは牛乳そのものでなくとも
牛乳を混ぜるカフェオレなどでも
よくないわけですね。

銅製の鍋をお持ちの方もいらっしゃると
思いますが、作った料理を鍋に入れた
まま保存するのはやはりNG。

また、たわしのような硬いもので
ゴシゴシこするのも傷がついて銅が
溶け出す原因になります。

ほかにも保温のため水筒に味噌汁を
入れる方もいらっしゃるかと思いますが
よく洗って使用しないと塩分が
水筒内部にダメージを与えてしまう
とのこと。

もし、飲み物の味や匂いに異変を
感じたら飲むのをやめましょう。

それぞれの商品の取り扱い説明書にも
禁止事項として記載されていますので
使用前に確認しておきたいところ
ですね。

説明書を読まなかったばかりに
誤った使い方をして水筒で中毒を
起こして入院してしまったら
後悔してもしきれません。

メーカーによってはスポーツドリンクを
入れても大丈夫なタイプの水筒も
販売されているとのこと。

近年のエコブームでMy水筒を
お持ちの方も多いでしょう。

暑くなる季節には必須のアイテムに
なりますが、くれぐれも銅中毒を
起こさないように気をつけたい
ですね。

スポンサードリンク