1985年、米国ノースカロライナ州
ファイエットビル郊外に住む
イーストバーン家の妻と二人の娘が
自宅で惨殺される事件が発生しました。

この事件で容疑者として逮捕されたのが
陸軍参謀長だったティモシー・ヘニス
という男でした。

これで解決するかに思われた
この事件ですが、裁判でヘニスは
無罪となり、事件は未解決のまま
長く迷宮入りすることとなります。




Sponsored Links

科学捜査の進歩が決め手に

事件から20年が経過した2006年、
それまで未解決だった本件は
急展開を見せます。

事件を担当していた捜査官が被害者の
ケイティ・イーストバーンの体内から
検出された体液が付着した
押収品を発見。

じつは事件当時はまだDNA鑑定が捜査に
採用されていない時代でしたので、
こういったものは証拠としては
スルーされていました。

早速、押収品を犯罪研究所に送って
鑑定してもらったところ、以前に
逮捕したヘニスのものとDNAが一致。

当時から捜査に携わっていた捜査官の
バート・ビトルはこの鑑定結果が
出たときのことを振り返って、
「跳び上がって悲鳴を上げたかった」
と語っています。

20年来、未解決だった事件の決定的な
証拠が見つかったわけですから喜びも
ひとしおだったでしょう。

こうして再び容疑者となった
ヘニスは再逮捕されました。

17062101

ふたたび裁判へ

ヘニスがDNA判定でクロとなったことで
本件は当然、刑事事件として立件される
はずでした。

しかし、以前に裁判にかけられて無罪
となっていたことで、「二重処罰」を
禁じているアメリカの憲法上、再び
裁判で裁くことは許されませんでした。

いくら決定的な証拠が出てきたから
といってもそのたび裁判をやり直して
いたらきりがないですからね。

ただ、ここで諦めなかった検察側。

軍人だった彼を米軍が裁くことには
何ら問題が生じないということに
目を付けます。

そこですでに退役していたヘニスを
軍に復帰させたうえで軍事裁判に
かけることに成功します。

まさに法の抜け穴により“裏技”を
炸裂させたという感じですね。

そうして、軍による裁判において
ヘニスは有罪となり、ふたたび
死刑判決が下りました。

科学の進歩に加えて、法の抜け穴
による勝利というところでしょうか。

天は悪を見逃しませんでしたね。

事件の真相

この事件は空軍の軍人だったギャリー・
イーストバーンがドイツへ転属になった
ことに端を発しています。

転属先のドイツへは家族で
移転することになりましたが、
移転先の軍の施設ではペットの
持ち込みは固く禁じられていました。

妻のケイティ・イーストバーンは
家で飼っていた愛犬ディクシーの
処遇に頭を痛めることになります。

そこでケイティは地方紙に広告を出し
新たな飼い主を探すことにしました。

ふさわしい飼い主が見つかることを
心から祈っていたでしょうね。

するとほどなくしてディクシーを
引き取りたいという連絡が入ります。

その相手が陸軍参謀長の
ティモシー・ヘニスでした。

ヘニスの家では娘が生まれたばかり
でしたが、もとから飼っていた雑種犬が
その娘に対して嫉妬するようになって
手を焼かされていました。

そのため、娘と一緒に仲良く
成長できるような犬を探して
いたのでした。

もともと子供のいる家で育てられてきた
ディクシーはヘニスの家にとっては
ピッタリの犬だったわけですね。

ケイティも名乗り出たのが偶然にも
夫と同じ米軍の軍人だったというも
あって完全に信用していました。

そうしてすぐに話がまとまった両家。

ここで終わっていればいい話でしたが。

それから数日後、ケイティと二人の娘が
自宅で無残な姿で発見されます。

このとき夫のギャリーは訓練のため
アラバマ州に出張中でした。

刃物によって残忍に殺害された
彼女たち。

ケイティは殺害前に性的な暴行も
受けていたといいます。

まさに鬼畜の所業ですね。

さらにケイティの財布からは
キャッシュカードが抜き取られ、
現金が引き出されていました。

強盗までされていたのですね。

そうしてほどなく捜査線上に
浮かんだのがヘニスでした。

目撃証言などもあってヘニスは
逮捕され、刑事事件として
立件されます。

この段階ではすぐに解決されると
誰もが思っていたでしょう。

裁判でも一審は有罪となり
死刑判決が下ります。

犯した罪の重さから見ても
当然でしょう。

しかし、事件の立証はかなりの部分で
目撃証言に頼っており、弁護側は
そこに疑問を呈してきました。

そうして二審では一審の判決を
覆して無罪を言い渡します。

物的証拠に乏しかったことが
致命的だったんですね。

こうしてDNA鑑定が捜査に
採用されるまで20年にも渡って
本件は迷宮入りすることとなります。

妻を失ったギャリーと唯一の生存者
だった娘のヤナにとっては非常に
長い苦しみを与えられたことでしょう。

現在について

死刑判決を受けたヘニスは
レブンワースの陸軍施設に
収監されています。

いまだに刑は執行されず。

というのも米軍では刑の執行には
大統領の了承が必要であり、
1961年以降では刑が執行された例は
ありません。

執行に時間が掛かるあたりは
さながら日本の刑務所みたい
ですね。

ヘニスの刑が執行されるには
まだまだ時間が掛かるでしょう。

あるいはそのまま檻の中で一生を
終えることになるかもしれません。

今現在も罪を認めてはいないヘニス。

冷たい監獄の中で一体
何を思うのでしょうか。

スポンサードリンク