2013年1月29日、アラバマ州の
ミッドランドで男が5歳の男の子を
人質に銃を持って立てこもる事件が
発生しました。

事前に準備した地下室に7日間に
渡って立てこもったこの事件。

最後は突入したFBIの救出チーム
によって犯人は射殺され、男の子は
無事救出されました。




Sponsored Links

犯人の動機は?

この事件の犯人はジミー・リー・
ダイクスという65歳の男でした。

ダイクスはベトナム戦争の
退役軍人だったとのこと。

妻と二人の娘がいたそうですが、
すでに別れており、一人暮らしを
していたそうですが、じつは以前から
かなり問題のある人物でした。

ミッドランドに住む以前には銃を
振り回して逮捕され、その後は
禁止薬物の所持でも逮捕されて
いました。

また、ミッドランドに移り住んで以降も
近所でトラブルを起こし、自宅の敷地に
入ったという理由で隣家の飼い犬を
撲殺する騒ぎも起こしていました。

夜にはライト片手にショットガンを
持って敷地内をうろつく姿も
目撃されています。

どこの国にもこういうちょっと
危ない人がいるものなんですね。

じつは事件の日の翌日も恐喝事件の
裁判で出廷予定だったダイクス。

そして、事件の数週間前には
スクールバスが自宅の敷地内の道を
勝手に通過したということで運転手と
口論になっていたとのこと。

自分の領域を勝手に侵されたことが
卑劣な犯行へ走らせたのでしょうか。

また、ダイクスはアスペルガー症候群と
ADHDで薬を服用していたとのこと。

あるいはそうした精神的な障害が
犯行を起こす引き金になったのか。

今となっては本人から動機を聞くことが
できませんので、推測するほかない
ですね。

17052501

事件の経過

29日の午後3時半、停車していた
スクールバスに犯人のダイクスが
突然乗り込んできました。

乗っていた子供たちを人質に取ろう
とするダイクスに対して、バスの
運転手であるチャールズ・ポーランドは
それを阻止しようとしたといいます。

銃を持っていたダイクスに対しても
勇敢に立ち向かったんですね。

バスの中で激しい口論になりますが、
ついにダイクスがポーランドに対して
5発の銃弾を発砲。

撃たれたポーランドはそのまま亡くなり
この事件での唯一の犠牲者と
なりました。

子供たちを守ろうとしたその行為には
心より敬意を表したいですね。

そして、ダイクスは5歳のイーサン・
ギルマンくんを人質にしてバスから
降りました。

それからあらかじめ用意していた
地下室に立てこもることとなります。

この地下室はハリケーンに備えた
シェルターということで近所の
知り合いに依頼して作って
もらっていたとのこと。

しかし、どうも最初からこの犯行で
使用する目的で作っていたようですね。

その証拠に地下室には手製の爆弾も
持ち込んでいたそうで、これが
早々に強行突入できなかった
理由でもありました。

バスが敷地内を通った程度のことで
子供を人質にとって銃と爆弾で
立てこもるって正気の沙汰では
ないですね。

こうして事態は膠着し、立てこもりは
7日にも及びました。

救出作戦の決行

本件ではFBIが事件解決に
乗り出しました。

まず、ダイクスとの交渉に
担当者が臨みます。

地下室からは換気用のパイプが
地上に伸びていたのでそこから
交渉ができました。

マイクとスピーカーを設置して
伝声管みたいなイメージですね。

そのパイプからはダイクスために
アスペルガー症候群とADHDの薬も
届けられました。

また、人質となっているイーサンくん
のために塗り絵とクレヨンなども
差し入れられました。

FBIも最初は極力、懐柔するように
要求を受け入れていたようです。

そして、ダイクスの要求により
レポーターのテレビカメラが
渡されてニュースでライブ放送が
行われました。

そんな様子を中継したら視聴率が
とんでもないことになりそう
ですけどね。

そこでダイクスは爆弾を前に
「自殺する」と宣言します。

捜査官によればダイクスは
イーサンくんに対して爆弾の
爆発方法をレクチャーしていた
そうで、まかり間違えば
大惨事になっていたかも
しれないですね。

結局、ダイクスとの交渉は決裂し、
7日目の2月4日午後3時12分、
FBIの救出チームは地下室の扉を爆破。

閃光および轟音を発生させる
スタングレネードを投げ入れると
銃撃戦の末、ダイクスを銃殺し、
イーサンくんの救出に成功します。

イーサンくんはすぐに病院に
搬送されましたが、健康状態は
良好だったとのこと。

無事に救出されたことが
何よりですね。

イーサンくんの両親もほっとした
ことでしょう。

じつは説得に当たらせるため
ダイクスの実の娘さんが現場入り
していました。

彼女は25年も父親に会っていなかった
そうで、すでに子供までいました。

ダイクスにとっての
孫がいたわけですね。

しかし、久しぶりに会ったのが
こんな事件現場でしかも最期は
銃弾に倒れるなんて、娘として
こんなつらいことはないでしょう。

バスの運転手の命を奪い、さらに
じつの娘を含む多くの人々を恐怖と
悲しみに巻き込んだダイクス。

あの世で今、何を思うのでしょうか。

スポンサードリンク