ドラマ「スチュワーデス物語」や
「スクール☆ウォーズ」の主題歌を
歌った歌手の麻倉未稀さん。

番組の企画で受診した人間ドックで
乳がんが発見されたことが話題に
なっています。

麻倉さんは近く手術を受ける
予定だそうです。




Sponsored Links

がんのステージは?

麻倉さんのがんの大きさは
約2センチとのこと。

転移もなく早期発見だそうですので、
おそらく「ステージI」だと思われます。

これがリンパ節などへ転移していると
ステージIIとなります。

がんの大きさが5センチ以上で
リンパ節にも転移があるとステージIII、
ほかの臓器への転移があるとステージIV
となります。

番組の企画だったとはいえ、
早期に発見できてよかったですね。

ステージIであれば
5年生存率は96%以上。

ほとんどの場合で予後も
いいようですね。

これがステージIIになれば90%、
ステージIIIで72%、ステージIVで
42%と低下していきます。

やはりなんといっても早期発見が
大事であるといえますね。

なぜ全摘出なの?

麻倉さんは左乳房を全摘出する
手術を受ける予定とのこと。

麻倉さんの場合、2センチの腫瘍が
2つみつかっており、一般的にこうした
多発性の場合は全摘出となります。

また、腫瘍が大きい場合や妊娠中
といった場合でも全摘出となる
そうです。

「たった2センチで?」という気が
しますが、全摘出しなければそれだけ
再発の危険が高いということ
なんでしょうね。

17051801

手術後について

麻倉さんのように全摘出手術を
受けた場合は放射線治療を
受ける必要はありません。

病巣とその周辺をすべて取り除く
わけですから、そうした治療は
必要ないわけですね。

ただし、リンパ節への転移がある場合は
全摘出しても放射線治療が推奨されて
います。

ちなみに同じ乳がんを患った
北斗晶さんはステージIIのBで、
やはり全摘出手術を受け、さらに
放射線治療や抗がん剤治療も
受けていました。

北斗さんの場合は腫瘍が2.5センチで
リンパ節への転移もあったとのこと。

しかも毎年、乳がん検診を受けていた
にもかかわらず早期発見には
いたらなかったそうで、特に進行が
早いタイプのがんだったことが
災いしたようですね。

また、全摘出手術を受けたあとには
当然、外見上の変化があり、さらには
腕や肩の運動障害、またしびれといった
ことが起こる可能性もあります。

そのため術後には適切なリハビリを
受ける必要があります。

がんをすべて取り除いて「終わり」
というわけではないんですね。

なにより女性にって乳房をなくすことの
精神的なショックは大きいでしょう。

しかし、現在では乳房切除後に
乳房再建術といった温存手術も
受けられるようになってきている
とのこと。

こうしたことで精神的な負担が
少しでも軽減されるといいですね。

最新の乳がん治療

最近では乳がんを切らずに治す
治療法も行われています。

「ラジオ波熱凝固療法」では、
がんに針を刺して「ラジオ波」という
高周波を当てて熱でがん細胞を
損壊させます。

ピンポイントでがんを治療できるのは
大きなメリットですね。

また、同じように針を刺して高圧ガスを
噴射してがんを凍らせて死滅させる
非切除凍結療法といったものも
あります。

なんと日帰りで治療を受けられる
そうで、働き盛りの女性にとっては
ありがたいですよね。

ただし、これらの治療には
保険が利きません。

また、治療できる乳がんのタイプも
限られるそうで、すべての方が
受けられるわけではありません。

今後、こういった治療がさらに進歩して
女性にとって体への負担が少ない
治療法として一般化していくと
いいですね。

スポンサードリンク