1987年11月29日に発生した
大韓航空機爆破事件。

乗員・乗客115名全員が死亡した
この未曾有のテロ事件。

実行したのは金賢姫と金勝一という
二人の北朝鮮工作員たちでした。




Sponsored Links

事件の経緯

金賢姫と金勝一の二人の工作員は
ヨーロッパの国々を経由して
ユーゴスラビア・ベオグラードに滞在。

ここで同じ北朝鮮工作員から爆発物を
受け取るとイラクのバクダッドへ移動し
大韓航空858便に搭乗します。

このとき二人は偽造した
日本のパスポートを持っており、
日本人になりすましていました。

ちなみに金勝一は「蜂谷真一」、
金賢姫は「蜂谷真由美」
という父娘を装っていました。

機内に乗り込んだ二人は液体爆弾を
仕込んだ酒瓶とプラスチック爆弾を
仕込んだラジオを手荷物として
持ち込みます。

このラジオに時限爆破装置が
組み込まれていました。

そして、858便が経由地であるUAEの
アブダビ国際空港に到着すると
二人は別の飛行機に乗り継ぎます。

このとき858便の座席の上のラックに
爆弾を残していきました。

こうしてアブダビ国際空港から
次の経由地であるタイのバンコク
国際空港を目指して離陸した858便。

その乗客のほとんどは中近東へ出稼ぎに
来ていた韓国人労働者だったといいます。

しかし、同機はこのあと二度と地上に
降り立つことはありませんでした。

一方でUAEで別便に乗り継いだ工作員の
二人はバーレーンに滞在していました。

しかし、すでにこのとき韓国当局は
不審人物として二人をマーク
していました。

さらに日本大使館も二人の
パスポートの照会をしたことで
偽造が発覚。

出国しようとしていた二人を
現地警察官が拘束するに至ります。

しかし、このとき金勝一は服毒自殺。

金賢姫も同じく服毒自殺を試みますが
すんでのところで捜査員が取り押さえ
事なきを得ます。

のちに真相を究明するうえで
彼女一人だけでも自殺を食い止められた
ことは幸いでしたね。

17051401

犯行の目的とは?

このような大それた事件を起こした
目的は、北朝鮮によるソウル五輪開催の
妨害だったと言われています。

当初の目論見としては、

  1. 大韓航空の旅客機が原因不明の爆発
  2. 国際社会の韓国への信頼低下
  3. オリンピック開催中止

というシナリオだったようです。

特に当時は冷戦下でしたので
北朝鮮と同じ社会主義諸国の
ボイコットを誘発するつもり
だったようです。

結果的には北朝鮮のテロ事件として
露見したことで、逆に顰蹙を買い、
国際社会での孤立を招くことと
なります。

当初の思惑どおりとは
いかなかったわけですね。

恩赦された理由は?

インドとミャンマーの上空で
大破した大韓航空858便。

乗客・乗員115人全員が行方不明となり
のちに死亡認定されました。

遺体は一部しか見つかっておらず、
どれほどの衝撃であったかが
うかがえますね。

同機は緊急信号などを発する間もなく
大破しており、おそらくは
全員即死だったのでしょう。

これだけのテロを起こした
実行犯の金賢姫氏。

1989年に韓国で裁判にかけられ
死刑判決が確定します。

まぁ当然といえば
当然の判決だったでしょう。

しかし翌年、一転して韓国政府によって
大統領特別赦免が下り、釈放されます。

国からの命令だったとはいえ、
100人以上の命を奪った犯罪者の罪を
赦すとは理解しがたい決定ですよね。

じつは現在に至るまで北朝鮮は
この爆破事件に関与したことを
認めていません。

しかも実行犯の一人だった金勝一は
前述のとおり身柄を拘束された空港で
捜査員の隙を見て自殺して
しまいました。

このうえ金氏を死刑にしてしまえば
事件の容疑者が誰もいなくなって
しまうことになります。

加えて、金氏を生かしておくほうが
北朝鮮にとっては打撃であるという
韓国政府の打算も働いたようです。

たしかに金氏がこの世からいなくなって
くれたほうが北朝鮮にとってはむしろ
都合がよかったでしょう。

つまり北朝鮮へ当てつける意味での
特赦だったわけですね。

一方で当時の盧泰愚大統領が大統領選を
前に金氏を死刑にすることで世論を
刺激したくなかったからだという
意見もあります。

もしそうならかなり私的な理由で特赦を
出したことになりますが、今となって
みれば事件の貴重な生き証人であり、
特赦を出してよかったように
思えますけどね。

ただ、ご遺族にとっては
複雑だったでしょうけど。

金賢姫氏の現在は?

金氏は事件後に特赦を受けたあと
1997年にボディーガードだった
元国家安全企画部員の男性と結婚。

子供も1男1女をもうけています。

金氏も事件当時から容姿端麗だったため
韓国国内で求婚者が相次ぐなど、
犯罪者にもかかわらず男性から
人気がありましたね。

さすがに社会的な影響力が強いため
氏名を変えたうえでソウル市内で
生活しているとのこと。

加えて韓国当局の監視の目もあって
旅行や外出も制限されている
のだそうです。

特赦を受けたとはいえ、刑務所で
禁固刑を受けているのとさほど
変わりませんね。

そのため子供たちの学校へ授業参観に
行くなんてこともできないのだ
そうです。

これはちょっと子供たちが
かわいそうですね。

あるとき雑誌で金氏について
取り上げられたとき、表紙に載った
顔写真と「金賢姫」という名前を見た
子供たちから「ママは昔『金賢姫』
という名前だったの?」
と尋ねられたのだそうです。

いずれ子供たちにも真実は語らないと
いけないのでしょうね。

そんな金氏は2010年7月20日に初来日。

2日間の日程で、東京・横浜を
遊覧飛行したほか、横田めぐみさんの
ご両親ら拉致被害者家族と
面会しました。

その前年にも韓国で拉致被害者の
田口八重子さんのご家族とも
面会していた金氏。

まぁしかし、金氏が北朝鮮に
いたのは20年以上も昔の話。

そこで新しい情報や重要な情報が
得られたということはまずありえない
でしょう。

日本政府にとって韓国から日本の
往復のチャーター機で700万円、
東京・横浜の遊覧飛行のチャーターヘリ
90万円という莫大なコストをかけつつも
実りが少なく、さらに韓国への大きな
借りを作った来日となりました。

この来日については海外メディアからも
「テロリストを国賓扱い」
と揶揄されています。

結局、当時の民主党・菅直人政権の
パフォーマンスに過ぎなかった
のでしょうね。

しかし、金氏は日本が東日本大震災に
見舞われた際には被災者のためになんと
個人で100万円の寄附をしています。

その際、被災者に哀悼の意を
表したうえで、
「再建に微力ながら力になりたい」
との手紙を添えていたのだそうです。

2011年のサッカーアジアチャンピオンズ
リーグで韓国チームの選手が
震災について「お祝います」
と横断幕を掲げる無礼を働きましたが、
同じ韓国人でもえらい違いですね。

金氏の心遣いには日本人として
心から感謝したいですね。

スポンサードリンク