元衆院議員の大久保三代氏が
7月の仙台市長選へ出馬する
意向であることを表明。

大久保氏は2012年の衆院選で
宮城県第5区より出馬。

比例で復活当選を果たしました。

しかし、2014年の衆院選には出馬せず
その後は仙台市議選・宮城県議選に
出馬するもいずれも落選し、
現在に至っています。




Sponsored Links

プロフィールについて

大久保氏は鹿児島県生まれの
大分県育ち。

祖父・父ともに医師で離島や山間部の
地域医療に取り組む家庭環境で育った
のだそうです。

立派な親御さんだったんですね。

大久保氏は大分東明高校を卒業後、
東京女子大学文理学部に進学。

卒業後は実家の診療所を手伝って
いましたが、大分県臼杵市へ移住し
地域活動に従事。

一時はNHK北九州放送局の
契約キャスターにもなりますが、
短期間であえなくリストラに。

その後、政治の道を志し、かの有名な
松下政経塾を3度受験するも失敗。

自民党大分県連の公募にも4回不合格。

ふつうはこれだけ合格しないと
「自分には向いていない」と諦めて
しまいそうですが。

しかし、それでもめげない大久保氏は
慶應義塾大学大学院に入学。

修了時には同大グローバルセキュリティ
研究所の助教にもなりました。

ちなみに同研究所の当時の所長は
あの竹中平蔵氏でした。

2012年に自民党宮城県連からの
推薦で宮城5区支部長に就任。

ちなみに同区は現・民進党の
安住淳氏の選挙区です。

2012年の衆院選では安住氏に3万票もの
大差をつけられて敗れています。

さすがに安住氏には
敵わなかったんですね。

同選挙では比例復活当選を
果たし、これが初当選。

しかし、2014年の衆院選では
地元からの推薦を得られなかったため
自民党の公認は得られず、
出馬を見送ります。

まぁ公認を得られなかった裏には
いろいろな理由がありそうですね。

その後、大久保氏は2015年の
宮城県大衡村村長選への出馬を
模索したり、同年の仙台市議選、
宮城県議選にも出馬するも
いずれも落選。

現在に至っています。

17050501

家族について

大久保氏は一度、結婚するも離婚
その後、再婚し現在に至っています。

夫は医師で石巻日赤病院に
勤務しているそうです。

子供はまだ小さい娘さんが二人いて、
子育ての真っ最中。

子育てが落ち着いたら国政復帰をめざす
とホームページで述べています。

子供を一人育てるのもかなり
大変なのに、二人育ててさらに
政治家も・・・とはすごい
バイタリティですね。

ネットでの発言が面白すぎる

議員時代からその言動が奔放で
話題にもなっていた大久保氏。

ブログでの発言の数々を見てみましょう。

「いいか、総理の横にぴったりくっついて、顔を売れ」というのが、県連会長からのこっそり使命なのです。

こっそり言われていることを
ぶっちゃけ過ぎでは?

もし万が一、議員を引退しなくてはならなくなったら(民主党)安住先生のところに公設秘書で、雇ってもらうつもり。

冗談でしょうけど、他党の議員の
公設秘書ってありえないでしょう。

大島組長より「ツイッターは、いい加減にしとけよ」と、ギロリ睨まれた

大島理森衆院議長を「組長」呼ばわりって
当選11回の長老議員をつかまえて
まさに怖いもの知らずですね。

2014年の衆院選で公認もらえなかった
理由が分かる気がします。

しかし、元議員というのを抜きにして
ブログのプロフィールを見てみると
これがかなり面白い。

長所:ぶれません

これはなかなかいいことです。

短所:空気を読みません

前述の発言の数々を見れば
よく分かりますね。

というか、自覚あったんですね。

口癖は?:利権だっちゃ

よく分かりません。

Sですか?Mですか?:M

松下政経塾に3回連続で不合格、
自民党大分県連の公募も4回不合格
とすげなくされても諦めないのは
そういう性癖に一端があるのかも。

好きな動物は?:夫

旦那さんを動物扱いなのかと思いきや、

好きなタイプは?:今の夫
生まれ変わったら?:今の夫と結婚する

とにかく旦那さんが大好きなのが
伝わってきますね。

嫌いなタイプは?:THE 世襲議員

ちょっと空気を読みましょうか。

狙って出せるタイプではない
独特の感性を感じますね。

興味があったらブログをのぞいて
みてはいかがでしょうか。

ちなみにそのブログのタイトルは

「okb34」

どこぞのアイドルグループのパクリかと
思いきやこれで「オオクボミヨ」と
読むのだそうです。

もうタイトルからして
パンチが効いてますね。

okb34(オオクボ ミヨ)
http://profile.ameba.jp/okb-34/

仙台市長選へ

仙台市長選への立候補を
表明した大久保氏。

同市長選への立候補表明は
大久保氏が初めてとのこと。

まぁこのまま無投票当選なんてことは
ないとは思いますが、果たして
大久保仙台市長の誕生はあるのか?

記者会見では学校を含む市の施設の
統廃合や市営バスの民営化に
取り組むことを明言。

これらの政策が果たして
有権者の心に響くのか。

7月23日の仙台市長選に
注目したいですね。

スポンサードリンク