高齢者の間で人気を呼んでいる
「ごぼう先生」こと簗瀬寛
(やなせ ひろし)さん。

自ら考案した健康体操で
高齢者を元気にする活動に
取り組んでいます。




Sponsored Links

プロフィールについて

簗瀬さんは愛知県岡崎市の出身。

現在、自らが代表を務める
株式会社GOBOUも地元・岡崎市に
あります。

ちなみに「ごぼう」の由来は
介護の「ご」、予防の「ぼう」を
合わせたところからきているとのこと。

ただ、公にはそうした説明ですが、
あるとき奥さんから「ごぼうみたい」と
言われたことがきっかけだとも語っており
前述の由来のほうが後付けっぽいですね。

高校時代はボクシングでインターハイ・
国体の両大会でベスト16に入る活躍を
していた簗瀬さん。

なかなかのアスリートだったんですね。

高校卒業後は人と関わる仕事がしたい
という思いから鍼灸師の資格を取得。

名古屋市内の鍼灸接骨院に就職します。

そして、24歳のときに独立し、
「やなせ訪問鍼灸治療」を開設。

お父さんが会社経営をしていた影響で
簗瀬さん自身も元から独立志向が
強かったのだそうです。

その後、ボランティアで高齢者向けの
健康体操を始めたことをきっかけに
介護に興味を持つようになります。

そうして25歳で日本福祉大学に入学。

同大学を卒業後、28歳のときに
株式会社GOBOUを設立。

喫茶店とデイサービスを融合した
「リハビリカフェ倶楽部」
を開設します。

その後、自らが考案した高齢者向けの
健康体操をYouTubeにアップ。

超高齢化社会の救世主になりたい

との思いがあったのだとか。

とかく高齢化社会や介護というと
暗い話になりがちですが、こうした
志を持っていることは立派ですね。

最初は手探りで始めた健康体操ですが、
高齢者からの意見を集めながら
改良を重ね、ついにDVD化。

YouTubeの再生回数も20万回を
超えるまでのヒットとなりました。

地道な努力が実を結んだんですね。

健康体操について

その健康体操の一つが
下記の動画になります。

健康体操 口腔体操編

高齢者によくある誤嚥防止の
ための体操なんですね。

誤嚥によって肺炎になってしまう
高齢者も多いですから非常に
よく考えられていますね。

このほかにも介護予防をめざした
エクササイズで構成されている
健康体操。

高齢者が「椅子に座ってできる」を
コンセプトにDVDの販売もしています。

高齢者の笑顔をつくる仕事

リハビリカフェ倶楽部を運営するほか
講演活動も行うなど精力的に
活動する簗瀬さん。

株式会社GOBOUの事業内容は
「高齢者の笑顔をつくる仕事」
なのだとか。

簗瀬さんの介護事業に対する
思い入れが伝わってきますね。

これから超高齢化社会に突入する日本。

簗瀬さんの取り組みに日本が直面する
問題のヒントがあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク