1995年にニューオリンズ起こった
強盗殺人事件。

その犯人として逮捕されたのはなんと
女性警官のアントワネット・フランク。

彼女は恋人と共謀して飲食店を襲い、
同僚の警官を含む3人の命を拳銃により
奪う凶行に及びました。




Sponsored Links

現在は?

彼女は逮捕後、殺人罪で起訴され、
有罪となり、死刑判決を受けました。

現在もルイジアナの女性刑務所に
収監されています。

ちなみに恋人だったロジャース・
ラカーズも死刑判決を受け、事件当時
18歳だったことで再審請求もされましたが
判決は覆らなかったそうです。

事件の概要

1995年3月4日、アントワネットは
ベトナム人の家族が経営するレストランに
恋人のロジャースとともに襲撃。

経営者の兄弟と同僚の警官ロナルド・
ウィリアムズの三人の命を奪いました。

アントワネットはロナルドと一緒に
非番のときに同レストランで警備を
請け負っていました。

あらかじめ店内の様子は
知り尽くしていたわけですね。

そこで店の入り口の鍵を盗み出し侵入。

凶行に及びました。

犯行後に一旦は現場を離れた
アントワネットですが、目撃者が
いたことに気づいていたため、通報された
警察無線を聞いて再び現場に戻ります。

目撃者を消そうとしたんですね。

幸いにして犯行を目撃していた
経営者の家族は保護され、
アントワネットも逮捕されるに
至りました。

彼女の生い立ち

アントワネットの家は家庭崩壊しており、
父親からは虐待を受け、兄弟も逃亡犯。

そうした家庭環境で情緒不安定な
少女時代を送る中、彼女が唯一夢に
描いていたことが警官になること
だったのだとか。

もう少しまともな家庭であれば
結果が違ったかもしれませんね。

警官の道へ

警察官の採用試験を受けて
見事に合格したアントワネット。

しかし、採用されたいがために試験では
心理的および精神的状態については
嘘をついていました。

実際は精神科医の治療が必要な
ほどだったのだそうです。

そんな状態なら面接で不採用になりそう
ですが、当時のルイジアナ州の警官の
給料はほかの地域と比べても安かった
ために辞職者が多く、人手不足の
状態でした。

採用基準が甘くなるというのも
致し方なかった状況だったんですね。

犯行へのきっかけ

警官となったアントワネットですが、
ある銃撃事件を担当したことで
その被害者だったロジャース・ラカーズと
知り合うことになります。

ラカーズは麻薬の売人であり、要注意人物
でしたが、ひどいケガを負った彼と
接しているうちに、やがて男女の関係に
なってしまいます。

出会った当時18歳だった年下の彼に
母性がくすぐられたのでしょうか。

やがてラカーズの虜となってしまった
アントワネット。

ついには彼にパトカーを運転させるなど
職務違反までするようになって
しまいます。

彼女も若かったとはいえ、完全に
恋におぼれてしまったんですね。

判決後

死刑判決を受けたことで彼女は
ルイジアナ州で二人目の女性
死刑囚となりました。

じつは1942年以来、女性への
刑の執行はおこなわれておらず、
彼女の控訴審も開かれました。

そして1995年11月、アントワネットの
自宅の床下から人の頭蓋骨が
発見されます。

これは彼女の父親のものとみられており
弾丸で撃たれた跡も残っていました。

この事件も彼女による犯行が疑われて
いますが、当局はすでに死刑判決を
受けている彼女を訴追するつもりは
ないとのこと。

父親による性的な虐待・中絶といった
ことも証言していたとのことでそれが
犯行の引き金になったのでしょうか。

警察官を夢見て、その夢を叶えたにも
かかわらず、人の道を踏み外してしまった
アントワネット。

最後に露見した父親の事件に
すべての根源があるようにも
思えてきます。

スポンサードリンク