1954年9月26日に日本列島を襲った
“洞爺丸台風”こと台風15号。

世界でも三本の指に入る海難事故である
洞爺丸事故を引き起こすなど
甚大な被害を及ぼしました。




Sponsored Links

具体的な進路

洞爺丸台風はパラオ共和国の
カロリン諸島で9月18日に発生。

一旦勢いが弱まったものの、復活した後
台湾の南東海上から方向を変えて
北東に進みます。

そして、加速しながら9月26日未明に
鹿児島県大隅半島に上陸。

このときから中心気圧965hPa、
最大風速40メートルとけっこうな
勢いでした。

そうして時速80キロほどの
スピードで九州地方を縦断。

朝には中国地方から
日本海に抜けました。

かなりのスピードで駆け抜けていった
感じですが、このあと時速100キロへと
さらに加速。

勢力を維持したまま日本海を
北東へ進んでいきます。

そうして21時ごろには
北海道西岸に到達。

1日もたたないうちに九州から
北海道まで駆け抜けるとは
まさに自然のエネルギーとは
すさまじいものですね。

320px-Marie_1954_track
洞爺丸台風の進路図

このころには中心気圧956hPaに達し
この台風は最盛期を迎えます。

北海道各地で最大瞬間風速
50メートルを超える強風を記録。

実際に洞爺丸台風では雨による被害が
ほとんどなく、その大半はこの風による
被害でした。

また、北海道まで達したときに
それまで時速100キロで進んでいたのが
時速40キロ以下に減速。

こうしてスピードが落ちたことで
北海道での被害はさらに
甚大なものになりました。

そのまま早く駆け抜けてくれて
いたら大惨事は免れたでしょうね。

その後、北海道を抜けてオホーツク海、
9月28日にはカムチャツカ半島付近に
達すると洞爺丸台風は温帯低気圧に
変わりました。

こうして見るとスピードと勢力を
両立させた台風であり、突然の減速が
大きな被害を及ぼした原因だった
んですね。

その被害について

洞爺丸台風による死者・行方不明は
なんと1761名に上りました。

住居の全・半壊は207,542戸。

まさに記録に残る台風ですね。

一番被害が大きかったのは
その名の由来ともなった
洞爺丸事故。

当時、最新鋭の大型客船だった洞爺丸が
函館港から青森に向かう途中で
この台風に遭遇。

転覆事故を起こし、乗員・乗客1314名
のうち死者・行方不明者1155名を出す
日本の海難史上最大の惨事と
なりました。

また、北海道岩内町では風の影響で
火災が発生し3000戸あまりが焼失。

支笏湖周辺では全ての山の大木が
なぎ倒されのだそうです。

木がなぎ倒されるってどれだけ
強い風だったのか想像できませんね。

その強風は北海道の原生林にも
甚大な被害を及ぼしたのだとか。

北海道の外観を変えてしまうほどの
爪痕を残したんですね。

想像を絶する多くの被害を
巻き起こした洞爺丸台風。

その歴史的な大災害を忘れずに
今日の教訓として生かして
いきたいですね。

スポンサードリンク