カヌーで失踪し、5年後に記憶喪失
となって生還を果たしたカヌーマンこと
ジョン・ダーウィン。

一躍、世間の注目を浴びる
存在となりました。

しかし、真実は妻のアンと共謀して
行った狂言失踪および保険金詐欺
だったのでした。




Sponsored Links

逮捕され有罪に

2007年、ダーウィン夫婦は
英国当局に逮捕され、
有罪判決を受けました。

夫のジョンは6年と3ヶ月、妻のアンは
6年と6ヶ月という量刑でした。

妻のほうが重大なウソをついた
として罪が重くなったんですね。

双方とも控訴はした
そうですが、ともに棄却。

ただ、執行猶予だけは
ついていたようです。

現在について

じつは2008年に有罪判決を受けた後、
2011年に夫婦は離婚しています。

元妻のアンは現在、ニューヨークで
暮らしているのだそうです。

一方で元夫のジョンは執行猶予期間中に
海外の結婚斡旋サイトで知り合った
女性に会うためにウクライナに出国。

これが英国における執行猶予の条件に
違反していたため、帰国後に逮捕されて
しまったのだそうです。

なんとも軽率な行為というか
なんというか。

別れたとはいえ、彼らの間には
成人した二人の息子さんもいる
そうですので、彼らのためにも
真っ当に生きていってもらいたい
ものですね。

tejo

人生設計を失敗

そもそもこのような大それた
狂言失踪と保険金詐欺をした動機は
積み重なった借金が原因でした。

元々、夫のジョンは教職や刑務官
といった堅い職業に就いていました。

しかし、どういった見込みがあったのか
投資目的でなんと12軒の家を購入。

どうみてもこれは大博打ですよね。

そうしてこのときの借金が犯罪に走る
きっかけとなってしまいました。

まぁ12軒の家すべてに借り手がついて
いればよかったんでしょうけど、
そう思惑通りにはいかなかった
ということでしょうね。

借金地獄の末に

やがて数万ポンドの借金を背負う
こととなったダーウィン夫婦。

夫のジョンは借金返済のためには
「狂言失踪しかない」と口にする
ようになっていきました。

まぁその前に資産を整理するなり、
弁護士に相談するなり、ほかに
方法があったように思えますけどね。

そうして2002年3月にカヌーで海に
出たきり戻ってこなかったジョン。

約1年後の2003年2月にアンの前に
ひょっこり戻ってきたのだそうです。

そうして再びひっそりと夫婦で
生活を始め、アンは表向き未亡人を
演じ続けました。

なんと二人の息子にも真実は
明かさず、欺き続けたのだとか。

のちにウソが露見することを考えれば、
息子さんたちも被害者と言えるかも
しれませんね。

a1370_000464

事件の真相が明らかに

その後、二人はパナマを訪れ、
共同住宅の一室を購入。

そこへ移住する計画を立てますが、
すでに死亡しているジョンは当然の
ことながら偽造パスポート。

ビザを申請するには厳正な審査が
あるため、それをパスするために
「記憶喪失となった5年前の生還者を
演じる」という一計を案じたのでした。

今時マンガの中でもそんな
ご都合主義的に記憶なくしたり
しませんけどね。

そうして記憶喪失の生還者として
英国当局に訴え出たジョンでしたが、
数日のうちにウソがバレて
お縄となりました。

ちなみに借金については資産を
すべて処分してその大半は
すでに返済しているそうです。

やはり世の中、悪いことは
できないもの。

堅実な人生を送るためには、
まずはギャンブルのような
投資は控えること。

そして万が一、多額の借金を負って
しまったときは弁護士に相談すること
でしょうね。

スポンサードリンク