ドラマ「リーガル・ハイ」や
「あさが来た」など数多くのドラマや
映画、アニメなどの楽曲を制作している
林ゆうきさん。

まさに今、一番人気の作曲家
として活躍されています。




Sponsored Links

家族について

林さんは女優の相馬絵美さんと
結婚されています。

相馬さんはNHK大河ドラマ
「江~姫たちの戦国~」にも
出演されていた女優さんです。

そして、2015年7月には
男の子が誕生。

一児パパなんですね。

新体操がきっかけ

林さんが作曲家の道に入るきっかけと
なったのは高校時代に入部していた
部活の新体操だったのだそうです。

高校は京都市立紫野高校に通って
いましたが、最初は友人と
「釣り同好会」を作ろうとした
のだとか。

ところが学校外の活動として
先生がこれを却下。

そんなとき勧誘を受けた新体操部に
入部することになったのだそうです。

これで釣り同好会作っていたら
まったく別の人生になっていた
かもしれませんね。

新体操で使用される伴奏曲は
選手が自分で曲を選んで専門家に
アレンジしてもらうものなのだ
そうです。

林さんも依頼するときになかなか
ニュアンスが思い通りに
伝えられなかったりして、
思うような曲ならないことも
あったのだとか。

そんな経験から自分で曲を作ってみたい
と思うようになったのだそうです。

しかし、驚くべきことに林さんは
それまで楽器の経験どころか
音楽にはまったく縁がなかった
のだとか。

びっくりしますが、そこから
作曲家になれるものなんですね。

a1600_000184_m

作曲家の道へ

そして、新体操の推薦で
東洋大学に進学。

練習に打ち込みながら3年生の頃から
曲のアレンジをするなど音楽制作を
始めたのだそうです。

大学卒業後は知り合いの紹介で
ミュージシャンのヒデオ・
コバヤシさんに師事。

それまでコバヤシさんは新体操の
伴奏曲を数多く手掛けていました。

そうして自身も引退試合となった
第55回全日本新体操選手権大会で
林さんは参加チームの監督・コーチに
自ら作った曲を手渡して営業をかけた
のだそうです。

最初は地道な営業活動を
したんですね。

その結果、何校からか仕事を
もらえることになります。

そして、林さんの曲を使った
岡山県立精研高校が
インターハイで優勝。

それから林さんには多くの注文が
くるようになったのだそうです。

最初から日の当たる道を歩んできた
わけではなく、自ら売り込みをかけて
作曲家の地位を築いていったんですね。

まぁもちろん実力も
あったのでしょうけど。

様々な分野で活躍

林さんが過去に手掛けてきた作品は、

【ドラマ】
リーガル・ハイ(フジテレビ)
あさが来た(NHK)

【アニメ】
ハイキュー!!
僕のヒーローアカデミア

【映画】
僕だけがいない街
ONE PIECE FILM GOLD
青空エール

【テレビ番組】
アスリートの魂(NHK)
Sportsプラス(NHK)

その他多数に上ります。

個人的には「アスリートの魂」は
番組テーマにも合っていて
聞いているだけで鳥肌が立ちますね。

非常に幅広く様々な分野に
曲を提供している林さん。

人気作曲家としてこれからも
活躍してもらいたいですね。

スポンサードリンク