衆議院議員で元金融担当大臣だった
山本有二氏。

第3次安倍再改造内閣での
農林水産大臣への起用が
内定しているそうです。




Sponsored Links

家族に芸能人

奥さんと4人の娘さんがいる
という山本氏。

しかも娘さんは
美人揃いなのだとか。

次女の夫は俳優の井浦新さん、
三女の夫は同じく俳優の
鈴木一真さんなのだそうです。

娘の夫が二人とも俳優って
すごいですね。

選挙の際に井浦さんが手伝いに
来たところ、山本氏よりも
井浦さんのほうに人が集まって
しまったのだとか。

さすが有名俳優ですね。

弁護士から政治の政界へ

山本氏の元の職業は弁護士。

高知県でナンバー1の進学校
私立土佐高校を卒業する
ものの一浪。

そして、早稲田大学法学部に
進学します。

ところが、あまり楽しい大学生活
というわけでもなかったようで、
1年留年の後に卒業。

成績も優秀ではなかったために
上場企業からは軒並み不採用
だったのだそうです。

エリート街道を歩んできた
というわけではなかったんですね。

そうして就職はせずに司法試験に
挑戦することにしたのだ
そうです。

そこからはいわばニート状態で、
実家からの仕送りもストップしそうに
なったことで一念発起。

27歳にして司法試験に合格します。

やはり人間、追い詰められると
必死になりますよね。

地元に戻って民事を専門とする
弁護士になると、やがて評判を
呼んで人気弁護士になっていった
のだそうです。

まさに順風満帆ですね。

そんな折、県議会議員への
立候補を打診されます。

周囲のすすめもあって出馬した
選挙で33歳にして初当選。

やはり人気弁護士という
知名度が生きたんでしょうね。

しかし、長く議員を続けるつもりも
なかった山本氏は落選したら弁護士に
専念すると決めて県議を辞職。

衆院選への出馬を目指す
こととなります。

また思い切った行動に出たものですが、
すぐに選挙になると予想していたものの
結局は衆院選が行われたのはそれから
3年半後だったのだそうです。

大きく予想が外れましたね。

そうして出馬した1990年の
衆院選で見事に初当選。

現在まで当選9回を数える
ベテラン議員となっています。

2006年には第1次安倍内閣で
金融担当大臣に就任。

また金融担当大臣をやってみたいと
語っていましたが、今度は
農林水産大臣になりそうですね。

元は高知の衣料品店の次男として
生まれたという山本氏。

世襲議員ではないあたりは
好感が持てますね。

ぜひ第3次安倍再改造内閣での
活躍を期待したいものです。

スポンサードリンク