1989年7月24日に大雪山系の旭岳で
遭難した登山者2名が救助されました。

救助のきっかけとなったのは倒木で
作られた「SOS」の文字。

しかし、このSOSの文字は救助された
遭難者たちが作ったものでは
ありませんでした。




Sponsored Links

見つかった別の遭難者

北海道警察は別に遭難者がいるもの
と見て再度捜索を開始。

すると近辺から動物の噛み痕のある
人骨を発見。

合わせて遺留品も
回収されました。

鑑定の結果、1984年7月頃に
遭難した愛知県の当時25歳の
男性会社員であることが判明。

5年越しに発見された
ことになりますね。

どうもこの倒木による
「SOS」も彼によるものだと
思われます。

作った本人は助からなかったものの
別の遭難者の命が救われたのは
幸いでしたね。

320px-Daisetsu0001大雪山連峰

残った謎

この「SOS」を作った男性については
いまだに謎として語られることが
あります。

まず、そもそも倒木を使って
「SOS」を作るのはかなりの重労働。

文字の大きさは一辺
5メートルもあったのだとか。

相当、巨大な文字ですね。

そんな体力があれば
下山できたのではないか
という疑問。

また、一緒に発見された
カセットテープ。

このカセットテープには
本人が救助を求め絶叫する肉声が
録音されていました。


当時の映像(冒頭から1分間ほど)

じつに生々しいですね。

内容としては、

  • 崖の上で身動きが取れない
  • 笹が深くて上にいけない
  • 吊り上げてほしい

といったもの。

しかし、なぜこんなテープを
残したのでしょうか。

自分で叫ぶよりもテープで流したほうが
体力も使わないと考えたのでしょうか。

一説には偶然に録音ボタンが押されて
叫んでいた声が録音されてしまった
という説もあります。

状況から推測すれば様々な憶測が
成り立ちますが、しかし今となっては
真実は本人にしかわかりませんよね。

後日談

じつは旭岳の登山ルートには金庫岩という
大岩があって登山者の道標になって
いました。

しかし、別の場所にこの金庫岩と
錯覚しやすいニセ金庫岩が存在し、
この偽物から今回の遭難ポイントは
ごく近いことが判明。

この遭難した男性もニセ金庫岩に
騙されてしまったのかも
しれませんね。

しかも迷い込んだ場所は録音内容に
あったまま、脱出が困難な場所
であることも判明。

なんとこの事件を取材に来た
ある報道機関も遭難してしまった
のだとか。

思わぬ形で遭難しやすい場所である
ことが実証された形になりますね。

現在はロープを張るなどして
このニセ金庫岩で道を間違えないよう
対策されているとのこと。

ちなみに倒木で作られた「SOS」
についてはその年の秋に警察により
撤去されたのだそうです。

まぁいつまでもそのままに
しておいても紛らわしいだけ
ですしね。

思わぬ形で5年前の遭難が
明らかになったSOS遭難事件。

少々ミステリアスな部分もありますが、
最終的には発見してもらえたことで
本人も浮かばれたのかもしれませんね。

スポンサードリンク