1983年6月8日、アラスカ州の沖合いで
リーブ・アリューシャン航空8便から
エンジントラブルが発生。

操縦が効かなくなり、緊急着陸を
余儀なくされる事故が発生しました。




Sponsored Links

事故の原因は?

飛行中にプロペラが外れてしまった
リーブ・アリューシャン航空8便。

外れたプロペラが海に落ちたため
事故原因はいまだに分かっていません。

ただ、8便に使用されたロッキードL-188
は過去に連続事故を起こしている
機種であり、旅客機としてはあまり
人気がなかったのだとか。

少々曰くつきの機種であったことは
確かですね。

事故の経緯

同機はアラスカ州のコールド・ベイ空港
からワシントン州シアトル・タコマ
国際空港を目指す定期便でした。

この日のクルーもベテラン揃いで
何の問題もなくフライトできる
はずでした。

ところが離陸から数分後、機長が異音に
気付き、その直後から機内に振動も
発生し始めました。

機長はコールド・ベイ空港に引き返す
決断をしますが、そのとき第4エンジン
からプロペラが外れ、機体を直撃。

胴体の下部に50センチ以上の
穴が開いてしまいます。

機内の通路にまで達したこの穴により
機内の気圧が急激に下がるとともに
気温も下がっていきました。

まさにこれ以上ないほどの
緊急事態ですね。

しかもこの直後、手動での操縦が
効かなくなり機体は大きく旋回を
始めてしまいました。

じつは先程、機体に穿たれた
穴によって減圧したことで
機体がゆがんでしまい、操縦系統の
ケーブルが圧迫されて操縦が効かなく
なっていたのでした。

当然、クルーたちはそんな状況まで
分かりませんでしたが、機長が
機転を利かせて手動から自動操縦に
切り替えたことで機体は安定を
取り戻しました。

そして、高度を3000メートルまで
下降させることに成功します。

通常、旅客機は空気抵抗やエンジンの
燃焼効率のバランスから高度1万メートル
を飛行していますが、その半分以下の
高度に落としたんですね。

しかし、緊急事態には変わりはなく
クルーたちは緊急着陸を試みることに
なります。

320px-RAA_L-188_N1968Rリーブ・アリューシャンの事故機

奇跡の着陸

最初、クルーたちは出発した
コールド・ベイ空港に戻ろうと
考えましたが、同機はエンジンの制御も
効かなくなっていたため、滑走路を
オーバーランしてしまう可能性が
ありました。

もっと滑走路が長い別の空港も
検討しましたが、それでも
滑走路の長さが足りないと判断。

リーブ・アリューシャン航空の
運行管理者からアンカレッジ国際空港
をすすめられ、そこへ着陸する
ことになります。

じつはアンカレッジに行くまでの行程で
アリューシャン山脈の乱気流に
巻き込まれる可能性もあったため
クルーたちは難色を示したのだ
そうですが、他に選択肢が
ありませんでした。

なおこの日、乱気流が発生して
いなかったことは不幸中の幸い
だったと言えるでしょうね。

4時間後、アンカレッジ空港近辺に
辿り着いた8便。

それまでに機長や副機長が操縦桿を
強引に動かしたことで挟まっていた
ケーブルに隙間ができ、手動操縦が
回復していました。

なおもエンジンの出力は制御できないため
第2エンジンを停止して着陸を試みますが
1回目は失敗。

2回目は着陸と同時に全エンジンを停止し
非常ブレーキを使って減速することを
試みます。

減速できずに着陸したらオーバーランして
衝突・炎上といった大惨事にも
なりかねませんので、ある意味
大きな賭けでもありました。

機体は着陸後、滑走路脇の側溝に
前輪がはまりながら停止。

炎上することもなく無事に
着陸することに成功しました。

これだけの事故にもかかわらず、
死者・負傷者ともにゼロ。

乗客・乗員合わせて15人が
全員無傷で生還できたのは奇跡的
と言っていいでしょう。

クルーたちはその功績を称えられ、
当時のレーガン大統領から表彰を
受けています。

プロペラが外れ、機体に穴が開く
など数々のトラブルを乗り越えた
リーブ・アリューシャン航空8便
とそのクルーたち。

その奇跡の生還劇はこれからも
語り継がれていくことでしょうね。

スポンサードリンク